写真データの利点

省スペースで保存が可能

写真というものはい大切な記憶を蘇らせてくれるものです。もちろん昔は印刷した写真しか、手元にはおけませんでした。しかし今では、データ化した写真を保存できるようになっています。と言うよりも、写真自体がデータになっているので、そこから印刷と言う形ですね。これの最も大きな利点は、何と言っても省スペース化です。昔はどこの家にもあった分厚いアルバムでしたが、大きく重く、しかも場所をかなり取るものでした。家族が増えるに従って、そのアルバムも増えていき、収納する場所も狭まっていったものです。しかしデータ化された写真なら、その心配はありません。かなり多量のデータになっても、USBメモリなどに保存が簡単にできるのです。場所取りもなく、見たい時には重いアルバムを出す必要もない、これはデータ化の最もシンプルな利点で、最大のメリットですね。

データ化された写真は劣化の心配がない

よく言われる、セピア色の思い出と言う言葉ですが、これは実際に昔の紙の写真が劣化によって、色合いがセピア色になってことからきています。それはそれなりに味のある、記憶にもセピアの風合いが感じられて、風情があるとも言えなくもありません。しかしセピア色ならともかく、日光に当たりすぎて画像が消えてしまうこともあります。また変形や、紙のひび割れ、時には湿度のせいでカビが生えることだってあるのです。しかしデータ化された写真にはそれがありません。デジタル化によって、取った時そのままの写真映像が、何時でも見られるのです。データやメモリに問題がない限り、写真を撮った時の思い出が、昨日のことのように思い出せるのは、写真データ化の大きな利点と言えるのです。